コース Courseコース Course

京北トレイルコース

京北の森と
京北トレイルコース
古来より京都の町に用材を供給し、平安京の町や寺社仏閣を作り上げてきた木材の供給源、それが「京北の森」です。
良質な木材の生産地であった京北地域は、木材を切り出し、筏を組んで大堰川(上桂川)を下り嵐山へ、そして都市部へ用材を供給してきました。京都の木屋町や丸太町の名称も、京北の木材に由来すると考えられ、京都の歴史と深いつながりを持っています。
このように日本の都、平安京から現在にいたるまで京都の町造りに深くかかわってきた「京北の森」に点在する魅力的な里の風景、史跡や古道、古くから続く自然豊かな環境を繋ぐことでトレイルコースとしています。
脚にやさしいコース
京北の森コースの最大の特徴は、コースがスギやヒノキの落ち葉に覆われている部分が多く、走る際にクッション性がありランナーの脚に優しく、トレランの初心者でも京北の森を楽しみながら走ることができるコースとなっています。
絶景ポイントも
待っています
コースの大部分は手入れされたスギ林やヒノキ林の中を駆け抜けますが、コースの途中には、整然と並ぶ北山杉やきれいな滝(滝又の滝)、そして京北地域をパノラマビューできるパラグライダーの飛翔地点など、インスタ映えする京北の絶景ポイントがみなさんをお待ちしています。
コースの整備
コースには倒木や枯れ枝などの障害物が絶えず発生します。そのため実行委員会では、みなさんが安心して走行できるように倒木の伐採、石の除去やはみ出した枝の除去などのコース整備を随時行っています。

コースマップ

※画像をクリックで拡大できます。
※諸事情により場所や時間帯の変更が発生した場合はホームページで告知いたします。

コースマップ

コースマップ(PDF)はこちら。※PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader